ごあいさつ

 当法律事務所は,1990年,千代田区紀尾井町の都道府県会館前で「岡・小林法律事務所」として発足し,「岡・小林・小畑法律事務所」を経て,2004年6月,麹町大通り麹町四丁目交差点角の現在地に移転し,その後「麹町パートナーズ法律事務所」と改称して現在に至りました。

在籍する弁護士(登録年順)は,岡邦俊(21期),小林克典(30期),小畑明彦(45期),近藤夏(49期),沼本吉晃(53期),神戸靖一郎(60期),前原一輝(64期)の7名です。前原以外がパートナー(経営に責任を持つ弁護士)で,代表は小林克典が務めております。

いま,東京都内には,弁護士数百名を擁する大規模の法律事務所がいくつか見られ,国際取引,知的財産権,企業法務などを専門とし,五十名以上の弁護士が在籍する法律事務所も少なくありません。これらと比べれば,当事務所の規模は小さく,また専門領域のみを扱う事務所でもありません。しかし,顧客各位のニーズに応じて,その都度,何名かが最適のチームを組み,長年提携している信頼できる税理士や弁理士も加わることによって,あらゆる案件(ただし国際取引など外国法に関連するものは除きます)を扱うことができるのが,小回りのきく当事務所の大きな特色といえるでしょう。

わが国では,今や,いわゆるリーガルサービスについても自由競争原理が導入され,これを提供する弁護士の法的な処理に一層の透明性(分かりやすさ)と迅速性が要求されるようになりました。常に顧客各位の良き助言者であり,最適のリーガルサービスを提供する有能な代理人でありたい…これが当事務所の弁護士7名の願いです。




代表弁護士 小林 克典