トピック一覧

■破産者株式会社goodgo99関連

破産者株式会社goodgo99情報提供ホームページ


・2020年7月14日 第12回債権者集会の資料をアップロードしました。

・2020年1月29日 一部元会員に対する不当利得返還請求事件の東京高等裁判所の判決が言い渡されましたので,判決文をアップロードします。

・2019年7月22日 一部元会員に対する不当利得返還請求事件の判決が言い渡されましたので,判決文をアップロードします。

判決文


■破産者株式会社GICホールディングス関連

破産者株式会社GICホールディングス情報提供ホームページ


・2020年7月14日 第11回債権者集会の資料をアップロードしました。

第11回債権者集会の報告書


■麹町パートナーズ法律事務所関連

・2020年6月9日 岡弁護士の講演に触発され,弁護士前原一輝がYoutubeに麹町パートナーズ法律事務所のチャンネルを開設しました。是非ご覧ください。

・2020年5月27日 弁護士岡邦俊が日本外国語特派員協会において,「Parody in Japan」(日本のパロディ)と題する講演を行いました。youtubeで見られますので,是非ご覧ください。

なお,講演のレジメは,こちらです。


・2019年12月13日 弁護士神戸靖一郎が執筆に参加したQ&A 火災・地震保険に関する法律と実務が出版されました。


・2019年10月1日 弁護士前原一輝が執筆に参加した永盛雅子ら編『貸ビル・店舗・商業施設等 判例ハンドブック』が出版されました。


・2019年8月31日 弁護士岡邦俊が監修したJAGDA創作保全委員会編『グラフィックデザイナーのための知的財産権ハンドブック』が刊行されました。次のサイトから無料でダウンロードできますので,是非,ご一読下さい。

https://www.jagda.or.jp/archive/pub/ipr/chizai.php


・2019年7月22日 弁護士前原一輝が執筆した「『漫画村』の元運営者拘束 著作権法改正論議に一石 現行法で対処可能を実証」が週刊エコノミストonlineに掲載されました。


・2019年7月1日 弁護士前原一輝が執筆した「“スクショ”も私的保存も「違法」 これだけ危険な著作権法改正」が週刊エコノミスト2019年7月9日号に掲載されました。


・2018年1月1日 弊所の代表弁護士に小畑明彦が就任しました。小畑明彦のご挨拶はこちらです。


・2016年6月20日 岡邦俊が『著作物を楽しむ自由のために: 最高裁著作権判例を超えて』を出版しました。



■事務所案内

麹町パートナーズ法律事務所

〒102-0083 東京都千代田区麹町4-2-1 MK麹町ビル8F

電話 03-3234-2941

FAX 03-3234-4525

有楽町線麹町駅徒歩1分

なお,弊所の正式名称は「町パートナーズ法律事務所」ですが,の字が環境依存文字のため,新字で「麹町パートナーズ法律事務所」と表記しています(この旧字部分は,日弁連ホームページから表示しています。)。


弊所は,弁護士7名の法律事務所です。

1989年8月1日に発足し,2019年8月1日で開業満30年となりました。

なお,これまで,発足年を1990年としていましたが,先日,昔の挨拶状を整理していたところ,正確な発足年月日が判明しましたので,上記のとおり訂正します。

得意としている分野は左列の業務案内のとおりですが,これらに限らず,売掛金回収等の一般民事事件,離婚・相続等の家事事件など広く業務を取り扱っています。


ご相談はお気軽にお問い合わせフォーム又はお電話(03-3234-2941)でお願いします。


弊所弁護士連載のブログがありますので,よかったらご覧になってください。


■季節の写真 (過去の写真はこちら写真(c)木原浩

つながれし牛に杏の花ざかり 青柳 志解樹


写真家の木原浩先生にあんずの写真をご提供頂きました。


あんずで思うこと

あんずで思うのは,昨日も食べた杏仁豆腐です。日本の杏仁豆腐は,ほとんどアーモンドパウダー入り牛乳寒天ですが,ちゃんと杏仁を使う作り方もあるようです。杏仁とは,あんずの種の中身のことで,あんにんともきょうにんとも呼びます。梅を食べるときの種の殻を潰して中身を食べたりしますが,これを仁といい,あんずの仁なので杏仁というわけです。

杏仁をつぶすと白い粉が得られるので,これに水・牛乳とゼラチンか寒天を加えてできあがりです。中華食材の店に行くと,杏仁霜という杏仁豆腐の素が売っていて,杏仁を使っているというのが売り文句ですが,アーモンドパウダーなど使っている場合も少なくないようです。僕は,何度か杏仁霜で杏仁豆腐をボウル一杯作ったことがありますが,なかなか固まらず,うまく行った! 美味しい !という経験はないです。


杏林の故事

杏仁は,元々,薬でした。杏林大学もあんずの故事にちなんだ名前です。

中国の三国時代に,董奉という仙人がいました。今の福建省にあった候官県の人です。山間で医者をしていました。治療費は,重病人からはあんず5株,軽傷者からはあんず1株を受けとっていたそうです。数年で10万株以上のあんず林ができました。虫や獣が遊ぶようになり,草が生えなかったそうです。人々があんずを取るようになったのですが,董奉は,「欲買杏者不須来報径自取之得将穀一器置倉中自往取一器杏」(杏が欲しい者は,報告に来なくてよい。穀物を倉に一皿入れてくれれば,あんずを一皿取ってよい。)と言っていました。


中には,穀物をちょっとした置かないのに,あんずをたくさん取る者もいたようです。そんな不届き者をあんず林の3,4頭の虎が家まで追い掛けてかみ殺したということがありました。家族が杏を持って董奉に謝罪に行ったところ,董奉は,不届き者を生き返らせたと書かれています。董奉は,あんずと交換した穀物を貧者救済に使ったり,旅行者に与えたりして,年に三千石(3000人分の年間消費になる。)を使ったそうです。

董奉があんず林を育てて,そのあんずで医者を続けたという故事にちなんで,医師のことを杏林と呼ぶようになりました。


この話は,『神仙伝』という書に出てくる話で,四庫全書に入っていて,原文は,インターネットで読めます。

その後,『太平広記』という仙人や妖怪の話しを集めた本に引用されて有名になったそうです。ただ,太平広記では,話しがちょっと変えられていました。例えば,年に三千石(原文では,三千斛)の施しをしたという話しは,年に二万石余りに「盛られて」います。


董奉のその後

『神仙伝』の杏林のくだりは以上ですが,董奉の話しは続きます。今回訳してみたのですが,意味が分からなくて面白いので,共有させてください。


県令には,精神を病んだ娘がいました。県令は,董奉に,もし,治療できたら,娘をあなたの嫁にやりましょうといいました。董奉は,これを承知して,6尺(約1.8メートル)ある白ワニを連れて娘に会いに行きました。そして,白ワニを人に切らせると,娘の病はすぐに治り,娘は,董奉の妻になりました。董奉と妻には子どもができなかったので,養女をもらいました。養女が10歳になった時,董奉は,雲の中に入り仙人となりました。残された妻子は,あんずを売ったお金で暮らしました。あんずを狙う不届き者は,虎が追いやりました。養女は成長して婿を取りました。婿は,董奉の墓から衣服や物を取ったので,ある人が,仙人になった董奉にこのことを告げました。董奉は,仙人なので衣服は不要だといいました。

董奉は,この世でわずか100年しか生きなかったが,その顔色はいつも30歳くらいに見えたそうです。


この話,意味がよく分かりません。白ワニは,どこからか連れてこられてきただけで(どうもヨウスコウアリゲーターという川のワニのようです。),娘にとりついていたわけではないです。なのに,娘の家で切られてしまいました。かわいそうです。婿のくだりは,本当に余計で,せっかく,董奉の残したあんず林のおかげで妻子は不自由なく暮らして行けたといういい話なのに,悪い婿が董奉を貶めます。物欲のない董奉の仙人振りを強調したのだとは思いますが,後味が悪くなっています。同じように余計だと思ったのでしょう太平広記ではカットされていました。賢明な編集と思います。

(2020年5月 神戸)


■ご注意

本ホームページは,一般的な情報提供を目的とし,法律的な助言を行う目的はありません。法律相談は,お問い合わせフォームからお願いします。本ホームページ掲載の記事・写真の無断転載は禁止します。

本ホームページは,利用状況を把握するためGoogleのgoogle Analyticsを利用しています。Google Analyticsは,クッキーにより利用者の情報を収集します。詳しくは,Google Analyticsの利用規約を参照して下さい。

弊所は,個人情報保護法に従い利用目的に必要な範囲で適正な手段により個人情報を取得し,本人の同意がない限り,提供業務,挨拶状等の送付・送信,問い合わせ等への対応,採用等の人事管理,その他提供業務に関連する目的以外には利用せず,本人の同意又は法令に基づく場合を除き,個人情報を第三者に提供しません。本人から,個人情報の開示等の申出があった場合は,本人確認の上,個人情報保護法律に従って対応します。個人情報の取り扱いに関する申出等は,お問い合わせフォームからお願いします。