トピック一覧

■破産者株式会社GICホールディングス関連

破産者株式会社GICホールディングス情報提供ホームページ


株式会社GICホールディングスと株式会社goodgo99は別の会社です。株式会社GICホールディングスの債権者の方々は改めて債権届のご提出をお願いします。


・破産者株式会社GICホールディングスについて,第3回集会は平成29年3月27日午後2時00分@東京地方裁判所民事第20部です。

・平成28年11月8日 第2回債権者集会の資料をアップロードしました。

・平成28年7月14日 第1回債権者集会の資料をアップロードしました。

・平成28年4月15日 破産債権届出書の記載方法の見本をアップロードしました。参考にして下さい。

・平成28年4月4日 破産者株式会社GICホールディングスに関する電話によるお問合せは,03-3556-6939までお願いします。受付時間は午前10時30分~午後6時30分までです。

・平成28年3月31日 本日付で小林克典が株式会社GICホールディングスの破産管財人に選任されました。また,同社の管財業務についての情報提供ホームページを立ち上げましたのでご参照ください。


■破産者株式会社goodgo99関連

破産者株式会社goodgo99情報提供ホームページ


・破産者株式会社goodgo99について,第4回集会は平成29年3月27日午後2時00分@東京地方裁判所民事第20部です。

・平成28年12月6日 破産者株式会社goodgo99について,「入出金記録ご申告」の特設ページを開設しました。

・平成28年11月8日 破産者株式会社goodgo99について,第3回債権者集会の資料をアップロードしました。

・平成28年5月24日 破産者株式会社goodgo99について,第2回債権者集会の資料をアップロードしました。

・平成27年12月16日 破産者株式会社goodgo99の情報提供ホームページについて,スマートフォン・タブレット端末で閲覧しにくいとのご要望がありましたので,モバイル対応に改修しました。

・平成27年12月2日 破産者株式会社goodgo99について,第1回債権者集会の資料をアップロードしました。

・平成27年7月14日 破産者株式会社goodgo99の電話による問合せは,03-3556-6939までお願いします。受付時間は午前10時30分~午後6時30分までです。

・平成27年7月7日 本日付で小林克典が株式会社goodgo99の破産管財人に選任されました。また,同社の管財業務についての情報提供ホームページを立ち上げましたのでご参照ください。


■麹町パートナーズ法律事務所関連

・平成28年10月3日 ホームページのTOP画面を野菊にしました。

・平成28年7月28日 小林克典がブログ夏を迎えて、心地のよい場所は?」を更新しました。

・平成28年6月20日 岡邦俊が『著作物を楽しむ自由のために: 最高裁著作権判例を超えて』を出版しました。

・平成27年6月30日 本日付で小林克典が北里メディカルサービス株式会社の社外取締役を退任しましたのでご報告します。

・平成27年6月29日 本日付で小林克典が日本梱包運輸倉庫株式会社の社外取締役に重任しましたのでご報告します。

・平成27年6月23日 本日付で小林克典が三井金属エンジニアリング株式会社の社外取締役に重任しましたのでご報告します。

・平成27年6月22日 本日付で小林克典が独立行政法人日本学生支援機構の契約監視委員会委員長に就任しましたのでご報告します。

・平成27年5月1日 本日付で小林克典が日本弁護士連合会修習委員会の委員長に就任しましたのでご報告します。


■事務所案内

麹町パートナーズ法律事務所

なお,弊所の正式名称は「町パートナーズ法律事務所」ですが,の字が環境依存文字のため,新字で「麹町パートナーズ法律事務所」と表記しています。


〒102-0083 東京都千代田区麹町4-2-1 MK麹町ビル8F

電話 03-3234-2941

FAX 03-3234-4525

有楽町線麹町駅徒歩1分 弁護士7名の法律事務所です。

1990年に発足し,今年で開業27年目となります。

得意としている分野は左列の業務案内のとおりですが,これらに限らず,売掛金回収等の一般民事事件,離婚・相続等の家事事件,外国人の入管事件等の行政事件まで,ごく一部の特殊分野を除き,取り扱えない業務はありません。


ご相談はお気軽にお問い合わせフォーム又はお電話( 03-3234-2941 )でお願いします。


弊所弁護士連載のブログがあります

簡単な法律案内のページもあります。

よろしければご覧下さい。


■季節の写真 (過去の写真はこちら写真(c)木原浩

草の中に荷菊咲くなり一里塚 正岡子規


写真家の木原浩先生にリュウノウギクの写真をご提供頂きました。


リュウノウギクは野菊の一種です。龍脳菊と書き,龍脳という香料に香りが似ていることから名前が付いたとのことです。


野菊と言えば『野菊の墓』です。

ヒロインの民子は野菊が好きで,「私なんでも野菊の生まれ返りよ。野菊の花を見ると身振いの出るほど好ましいの。どうしてこんなかと,自分でも思うくらい」でした。主人公の政夫は「まことに民子は野菊のような子であった。民子は全くの田舎風ではあったが,決して粗野ではなかった。可憐で優しくてそうして品格もあった。厭や味とか憎し気とかいうところは爪のあかほどもなかった。」と評しています。

民子と政夫は従姉弟同士で政夫の実家で同居し(民子が政夫の母の世話をしていた。),お互い憎からず思っていたのですが,「二つも年の多い民子を僕の嫁にすることはどうしてもいけないということになった」「嫁にしないとすれば,二人の仲をなるたけ裂くような工夫をしなければならない。」ことにより結ばれず(政夫が数え15歳,民子は数え17歳),民子は市川に嫁に行き,そこで流産が原因で亡くなります。

その頃,政夫は千葉の学校にいたのですが,民子の死を聞いて実家に戻り,「毎日七日間,市川へ通って,民子の墓の周囲には野菊が一面に植えられ」ました。


『野菊の墓』の題名は,ここから取られているのですが,そこには,野菊のようだった民子が亡くなってしまった,取り返しが付かない,という意味が込められています。(平成28年10月 神戸)