中国のインディペンデント映画とその規制(1)

いま、東京渋谷の「オーディトリウム渋谷」で、「第4回中国インディペンデント映画祭」が開催中で、2週間の間に、14本のフィクション・ノンフィクション作品が1日に3、4本ずつ上映。
主宰者は、「ごあいさつ」の中で次のように述べています。
「…中国のインディペンデント映画は、中国人の映像作家たちが自ら作り出した、非常にストレートな映像です。そこには政府の意図も、スポンサーの意向も、外国人の思い込みも入っていない,“個々の中国人が表現したいこと”が写っています。(略)こうした作品は中国国内でも殆ど観ることはできません。上映許可証がなければ映画館で公開できないのは当然ながら、民間で上映会を行う場合などでも、警察が来て突然解散させられたりします。昨年から今年にかけ、南京の中国独立影像年度展、雲南省昆明の雲之南記録映画展という2つの大きなインディペンデント映画祭が中止に追い込まれ、北京独立影像展という映画祭も、政府の圧力を受けて、事務所内での内部鑑賞会という形で何とか継続している状況です。一般の人たちに映画を見せる機会は奪われていると言ってもいいでしょう。」。

中山大樹著・「現代中国独立電影」にも、中国政府のインディペンデント映画に対する検閲について、次のような記載があります。
「…検閲の基準は明文化されておらず、担当者のさじ加減ひとつで非常に分かりにくい。検閲に触れる事項は多方面にわたり、政治批判や性描写、暴力シーンはもちろんのこと、幽霊などのオカルトも禁止だし、同性愛は不道徳ということで許されない。宗教をテーマにしたものも基本的にNGだ。」(p167)。

わが国の映画の規制は、映画界が設立した第三者審査機構である映画倫理委員会(1949年「映画倫理規程管理委員会」として発足)による4段階の「レイティング―rating」という、自主的・間接的なものです。このため、映倫審査を受けずに映画を一般公開する行為について、上映禁止措置がとられたり刑罰が科せられたりすることはなく、映倫審査自体を無用のものとするインディペンデント映画製作者も見られます。これと比較して、中国における映画の規制は、国家系・非国家系を問わず、国家権力による直接的なもので、映画法下の戦前のわが国を思い起こさせます。

以下、「中国インディペンデント映画祭」で観たいくつかの作品の感想を記します。

「レーティングシステム」への模索-映画に対する規制(4)

映画に対する規制(3)はこちら

1980年代後半になると、このような検閲に対する映画人の不満がつのり、合理的な検閲制度を確立しようという議論が活発化し、検閲をはじめ、映画製作、配給、上映など、映画システムのあらゆる面をカバーする「映画法」制定の動きが具体化。88年9月、北京で「国務院」、「電影局」の官僚と全国の映画専門家による「立法検討会が開催されます。

1989年5月、「電影局」は「レーティングシステムの導入に関する通知」を発表。同システムの導入は、従来の映画検閲の審査基準を緩めることを意味するものではないとしながらも、エロスと暴力の要素を含む4種類の映画を「16歳以下の少年や児童に適さない」としたうえ、「成人映画」の表示を義務付ける案を提示するもので、中国におけるレーティングシステムの確立に向かう第1歩として注目されました。しかし、同年6月の天安門事件によって、「映画法」制定の動きとともに失効・消滅し、現在に至っています(p188)

筆者・劉文兵氏は、「今こそ、中国にレーティングシステムの本格的導入を検討すべきではないか。」と述べています。

終わり

積み重なった検閲機関ー映画に対する規制(3)

映画に対する規制(2)はこちら

「中国映画の『熱狂的黄金期』」(劉文兵・2012年 岩波書店)は、中国において1980年代に行われていた映画検閲の実態を詳しく報告しています。

これによれば、当時の検閲は、脚本に対する検閲と出来上がった作品に対する検閲の二重構造からなり、映画産業の指導に当たる政府機関「電影局」、各撮影所の検閲部門、撮影所所在地の地方政府という検閲機関が幾重にも積み重なって存在する点が特徴です(p154)。

脚本に対する検閲は、各映画撮影所の企画部によって編集・発行される映画化前脚本の掲載誌について行われます。第1次の検閲権限は、各撮影所に委ねられ、撮影所は、検閲をパスした脚本のコピーと企画書の概略を「電影局」と撮影所所在地の党政府に提出することが義務付けられています。

出来上がった作品に対しても、各撮影所での第1次検閲、「電影局」での第2次検閲(試写室での上映→修正指示→撮り直しなどによる修正)が行われます。「電影局」だけの判断で決められない場合には、上級機関である文化部(わが国の文部科学省)へと移送され、それでも決められない場合、党の指導部の主要なメンバーに最終的な裁可を仰ぐこともあります(p163)。

「電影局」は、映画の題材に応じ、少数民族を描いた作品は民族問題委員会に、学園ものは教育部門にというように、他の政府機関に代理審査を依頼することがあり、それが事実上検閲のハードルをさらに押し上げる結果となっている…。このような重層的な映画検閲制度は、映画業界の自主機関としての映画倫理委員会(映倫)による「レーティングシステム」しか持たない日本人にとっては、想像を絶します。

映画に対する規制(4)に続く

中国の行方

1 今月の9日から12日まで、北京において、中国共産党・第18期中央委員会の第3回全体会議が開催される。5年に一度開かれるこの中国共産党の全体会議は、過去においても、中国の基本方向を定める場として有名な会議である。新聞報道によれば、習近平氏は、第14期の3中全体会議に匹敵する重要な会議になると述べたという。1993年11月に開催された第14期の3中全体会議は、1989年のベルリンの壁の崩壊、1991年にソ連の崩壊を受け、中国の後進性も含め、社会主義体制の存続が問われた年であった。そこに登場した鄧小平氏は、「改革開放」「市場経済の重視」という近代化路線を目指し、5カ年計画を策定し、その実現に邁進したことは広く知られるところである。

2  この鄧小平氏は、筆者が高校生の時に、テレビ場面で見たことがあり、強く記憶に残っている。その場面は、首からプラカード(走資派とか、これ類する言葉が書かれていたと記憶する)を下げ、紅衛兵らしき若者に両脇を抱えられて、衆人環視の中で立たされている姿であった。当時、彼は北京市長の職にあった。鄧小平氏の「黒い猫でも、白い猫でも、鼠をとる猫は良い猫である」という名文句があり、「七転び八起」といわれる程、強運の持ち主であるが、彼の復活劇に周恩来首相の力があったことも現在では広く知られた史実である。

3 現在の中国共産党が抱える問題は、識者が指摘するように様々な問題がある。「格差社会」「汚職の蔓延」「環境破壊」など深刻な課題が目白押しである。「格差社会」から落ちこぼれた農民・都市の下層階級は、キリスト教や他の宗教に救いを求め、その数は1億人に迫るというNHKの報道があった。中国政府は「官製儒教」の教えを広めて対抗しようとしているが、その行く末は不透明である。「改革開放」と「市場経済の重視」によりいまや世界第2の経済大国となったものの、その基盤は盤石ではない。最近、天安門広場において、「ウイグル族」による自動車爆破事件が起きた。中国政府はこれを「テロ」と呼び、また、報道機関に対しても思想教育の一層の強化を始めている。中国政府は何にそのように恐れるのか。それは、歴史が証明するように自国民であろう。中国4000年の歴史と言えば、統一王朝が起こり、次に官僚腐敗、民衆の蜂起・反乱、最後の分裂と再集合という繰り返しである。昔、孫文が日本に在来していた頃、訪れたどこかの海辺で、海岸の砂を手に握りしめ、指の間から漏れ落ちる砂粒を指して「これが中国人民だ」と慨嘆した話を思い出す。この砂粒のような人民を「共産主義」という強力な糊でまとめ上げたのが、毛沢東であり、周恩来の革命第1世代である。周恩来がパリで地下活動をしていたおり、鄧小平はその使い走りをしていた頃の古びた写真を雑誌で見たことがある。鄧小平氏は革命第1・5世代である。

4 民衆の怒りこそが中国の時代を動かす力であることは、歴代の指導者は良く知っており、その怒りの矛先に先んじて「処方箋」を講じることが指導者の役割であるが、第18期第3回全体会議において、習近平氏は、どのような内容の「処方箋」をするのか極めて興味がある。中国共産党という一党による支配は、「格差社会」や「環境破壊」と言った「市場の失敗」について、より効率的に対処できる利点も有するが、13億以上の国民を代表するその正当性について、今後どのように舵を取って行くのか、目が離せない国でもある。

中国における映画の検閲-映画に対する規制(1)

劉文兵「中国映画の『熱狂的黄金期』」(2012年 岩波書店)によれば、毛沢東の死(1976年9月)と文化大革命の終焉、鄧小平による改革解放路線への転換(1978年9月)から高度成長期の幕開け(1990年代前半)にかけての十数年間、とりわけ1980年代は、中国映画の黄金期とされています。

その間、いわゆる第5世代監督による「黄色い大地」(1984 チェン・カイコー監督)、「芙蓉鎮」(1986 シェ・チン監督))、「紅いコーリャン」(1987 チャン・ウモ監督)などが立て続けに国際映画祭で受賞。劉氏によれば、従来の社会主義計画経済の体制は、映画市場のニーズを無視し、イデオロギー的な教育効果ばかりを追及するという「負」の影響を及ぼした半面、映画人が採算を度外視して映画作りに専念できたことで、作品の質が保たれたという「正」の影響をもたらしました。改革解放路線への転換が映画製作の現場に影響を及ぼすのは80年代半ばからであり、「黄色い大地」、「紅いコーリャン」などが、映画表現の可能性を探ろうとする第5世代監督たちの試みを可能としたのは、ほかならぬ計画経済のシステムの存在に拠るところが大きかったのです(p146)。

「黄色い大地」は、1930年代の極貧の山村を舞台に、八路軍の若い兵士に対する少女の淡い恋情と八路軍への参加の決意を描いたもの。「紅いコーリャン」は、1920年代に始まるコーリャン酒の造り酒屋一家の生活と侵略日本軍に対する壮絶なゲリラ戦を描いたもの。いずれも、詩情豊かな映像と伝統音楽によるすばらしい作品ですが、共産党による貧農解放や抗日戦での英雄的な犠牲という、中国社会に固定された歴史認識の枠がはめられ、検閲の存在を推認することができます。

「中国映画の『熱狂的黄金期』」は、1980年代の中国における映画検閲の制度的な仕組みや具体的な流れを検証し、検閲側と製作側の間には「ここまで批判しても良いがこれ以上はだめだよ」というよう「暗黙のルール」が存在していたと指摘。この「暗黙のルール」は、高倉健主演の「単騎千里を走る」(2006 チャン・ウモ監督)で雲南省の僻地の刑務所長の「暖かさ」を強調する姿勢や、近年の「再生の朝に」(2009リュウ・ジェ監督)が中国社会の人権抑圧をテーマとしながらも、取って付けたように、最後に共産党の「法治」主義を評価する手法にも引き継がれているように見受けられます。

以下、劉氏の著書に従って、中国における映画検閲のシステムを概観することにします。

映画に対する規制(2)に続く

「治外法権」の天領-新疆ウィグル自治区を旅して(5)

新疆ウィグル自治区を旅して(4)はこちら

1949年、人民解放軍が新疆ウィグル地区を「解放」した後、毛沢東は、国境警備(民族紛争対策も?)のため、一部の兵士を帰郷させず屯田兵として残留させました。それ以来、同地区には自治区政府の権力が及ばない漢族のみが居住する「天領」的な軍の直轄地が点在するようになり、現在でも、四川省大地震で壊滅した村の漢族村民をそっくり移住させた例も含めて、新たな漢族居留地が増設されています。カシュガルの人民広場には巨大な毛沢東像が金色に輝き、ホータンの人民広場には、毛沢東がウィグル族の老人を抱擁するかのような像が立っている…。

ホータンの100キロほど手前の国道沿いに、ホータン川から巨大な水路を引いた新オアシスが造成中でした。その奥の従来のオアシスの住民は、全員がウィグル族。新オアシスでは、農業は行われず、奥のオアシスの果物その他の農産物を缶詰などに加工するプラントの団地となる予定ですが、ここでも、住民としては自治区外からの漢族の入居が予定され、ウィグル族は「地域おこし」の「蚊帳の外」だという…。

冒頭で述べた自治区の人口約2100万人には、「天領」の漢族約250万人は含まれていません。後者は、駐留する人民解放軍の軍属として扱われ、統計上区別されているそうです。

終わり

前回の終点だった敦煌郊外の「西の方…を出ずれば」の陽関跡に再び立ち、そのとき参加した親友2人をあい次いで失っていることもあって、感無量でした。しかし、前回は日本人観光客であふれていた敦煌市内も世界遺産の莫高窟もガランとして閑古鳥が鳴くばかり。かつては1日に8組はあった日本人のツアーグループは、今ではせいぜい1組だとか。これは、4年前の大規模なウィグル族・漢族の衝突事件と昨年来の尖閣問題の影響のようです。

敦煌が、シルクロード好きの日本人によってふたたび賑わいを取り戻すことを願いつつ、帰国の途につきました。

就労の機会を奪われ…-新疆ウィグル自治区を旅して(4)

新疆ウィグル自治区を旅して(3)はこちら

7月3日(水)に1泊した塔中は、ホータンから国道315号線を300キロほど東進し、途中から「タリム砂漠公路」を200キロ北上した、砂漠のど真ん中にあります。国有巨大企業の中国石油天然気集団公司が、付近一帯の豊富な石油油田を開発・管理するために数年前に造成した町で、ホテルは、かつてのアメリカ・西部開拓地の木賃宿という感じ(隣の建物は荒くれ男たちのためのフウゾク店)。

「タリム砂漠公路」は、同公司が建設した、砂漠を南北に縦断する全長約500キロの直線道路。その工事には貧困省からの出稼ぎ農民が大動員されました。石油施設の建設後は、その維持管理にも多数の単純労働者を必要としています。しかし、地元から見れば絶好の就労機会の到来にもかかわらず、周辺のウィグル族は採用されていない。宗教に起因する生活習慣や食生活の違いで漢族との共同作業が困難というのが、差別の理由とされているようです。

砂漠公路の両側10メートルは、砂防のためのグリーンベルトで、タマリスクなどの潅木が植樹されている。気温が40度を超え、雨がまったく期待できない中でグリーンベルトを維持するためには散水が不可欠で、5キロ毎の道路脇にポンプ小屋が設置され、ディーゼルエンジンでくみ上げられタンクに貯えられた地下水を、細いビニールパイプによって定時に散水する。散水弁を開閉するため、小屋には、3月から10月の酷暑期に泊り込みの人員(多くは夫婦)が配置される。これもウィグル族の就労のチャンスになるはずですが、同公司は、自治区外の出稼ぎ漢族だけを使用。小屋ではTVもラジオも届かず、食料などの必需品は公道経由で公司のトラックが運びます。

新疆ウィグル自治区を旅して(5)に続く

両民族衝突のニュース-新疆ウィグル自治区を旅して(2)

新疆ウィグル自治区を旅して(1)はこちら

実は、6月30日(日)に西端のカシュガルを出発する直前に、600キロ東の行先・ホータンでウィグル族の暴動が起こったというニュースが入り、続行が危ぶまれました。帰国してから調べると、7月5日が、4年前にウルムチで起きた、死傷者約2千人という大規模なウィグル族・漢族の衝突事件の発生日に当たるためか、6月26日、自治区北東部のルクチュンで警察署などが襲撃されて35人が死傷し、28日にはホータンでも小規模な衝突が発生したとのこと。

このため、国道での警察や軍隊による検問はきわめて厳しく(軽戦車から数台の機関銃がわれわれに向けられていた)、幻の楼蘭国の遺跡「ミーラン」に外国人が立ち寄ることは禁止されましたが、幸いにも、それ以外にはコースや日程の変更はありませんでした。私たちのような行きずりの旅行者には、この新疆ウィグル自治区が抱える、数千年来の民族問題を理解することはまったく不可能ですが、いくつかの見聞を報告します。

新疆ウィグル自治区を旅して(3)に続く

中国北西部・新疆ウィグル自治区の民族問題について-新疆ウィグル自治区を旅して(1)

「映画と法」中国編を終えるにあたり、最近、同年代の友人7名とともに2週間をかけて旅した、中国北西部・新疆ウィグル自治区の民族問題について感想を記すことにします。

 同自治区(省に相当)の面積は約166万平方キロメートルで日本の全国土の約5倍(人口は約2100万人で日本の約6分の1)。北を天山山脈、西から南を崑崙山脈、東をアルタイ山脈(いずれも4~7000メートル級)に囲まれた、東西約1500キロ、南北約1200キロという、途方もなく巨大な「盆地」です(日本の甲府盆地・約300平方キロメートルの5千倍)。

 かなりの部分が不毛なタクラマカン砂漠ですが、砂漠周辺には氷河からの川や伏流水などによる豊かなオアシス都市が点在し、ブドウ、アンズ、ナツメ、スイカ、ハミ瓜、胡桃などの果物や小麦、綿花、野菜などの農作物の宝庫でもありあます。自治区全体の人口にイスラム教徒・ウィグル族の占める割合は約45%(漢族は41%―ただし後述参照)ですが、僻地になるほど高くなり、90%を越える町も見られます。

 6年前、兵馬俑の西安から蘭州、酒泉、などを経て西端の敦煌まで旅したことがありました。今回は、6月26日(水)、北京から空路で区都ウルムチへ。そこに1泊して、自治区博物館で、井上靖の歴史小説「楼蘭」で知られる「楼蘭美女」(ミイラ)などを見学してから、アフガニスタン国境に近いカシュガルへ飛ぶ。そこからは専用ミニバスで酷暑のタクラマカン砂漠を東進。ホータン、チェルチェン、チャルクリクなどのオアシスの町を経て、アルティン山脈の4000メートルの峠を越えて甘粛省西端の敦煌に至る…というルートです(バスの走行距離は、ほぼ3000キロ)。

新疆ウィグル自治区を旅して(2)に続く

三姉妹(下)

三姉妹(上)はこちら

ワンピン監督の手法は、ジャングルに擬装の自動カメラを設置し、野生動物の生態を記録する方法に似ています。貧しさの極限にあるインインの家の中にカメラを1台据え、もう1台を手持ちにして、村の人々の日常をひたすら記録する。撮られる側もやがてカメラを意識しなくなる。

客観的に見れば、この映画は、共産党政府が2003年以降、雲南省を含む国土の約70%を占める辺境地域で推進している「西部大開発」政策の負の面を鋭くえぐり出すものです。しかし、この映画は、NHKのドキュメンタリー番組のような、ナレーションによる深刻な解説などは一切行わない。政府の辺境政策に対する批判も、「言葉」による限り皆無です。

ちなみに、映画パンフによれば、インイン一家は漢族ですので、貧困と少数民族問題とは無関係のようですが、父が町から連れてきた新たな「母」は、髪覆い(スカーフ)を離さないので、回族(イスラム教徒)かも知れません。 究極の貧困を描くこの映画が観客にもたらすものは、「絶望」ではなく、「希望」です。それは、リウ監督の「再生の朝に」と同様に、ワンピン監督が、インインを通して、人間の尊厳を描くことに成功しているからだと思います。