犯行を頑強に否認し、反省の情は全く認められない…-映画「それでもボクはやってない」(周防正行監督、2007年)(下)

「それでもボクはやってない」(周防正行監督、2007年)(上)はこちら

しかし、判決は、懲役3ヵ月(執行猶予3年)の有罪判決だった…。裁判官は、量刑の理由を次のように朗読。 「被告人は、種々の弁解を弄し、本件犯行を頑強に否認しており、反省の情は全く認められず、再犯の可能性も否定できない。加えて、電車内での卑わいな行為に対する社会的非難が高まり、その撲滅が強く叫ばれている折、あえてこのような犯行に及んだ被告人に対して厳しく対処することにより、この種事犯の防止を図るという点も看過することはできない。以上によれば被告人の刑事責任を軽く見ることはできない。…」

私が弁護士登録をした1969年は、激動の70年代の幕開けの年です。 学園紛争や街頭行動で、一日で数千人の学生たちが逮捕・勾留され、うち数百人が起訴される。新米弁護士の仕事は、連日、数十の警察に分散留置されている被疑者の接見に走り回り、勾留理由の開示を請求し、勾留や保釈却下に対する準抗告を申し立て、同一日時に開かれる複数の公判廷を掛け持ちして統一公判要求を叫ぶ…ことでした。法廷秩序を乱したとして10日以上の監置処分を受けた弁護人もいました。 その中で実感したのは、わが国の刑事裁判が、徹底した「人質司法」であることです。刑事訴訟法の「罪証隠滅の恐れ」を拡張解釈して長期勾留を継続する。日本法は、母法であるアメリカ法で当然認められている被疑段階の保釈制度を欠いていますが、裁判所は、起訴後も(田中角栄などのVIPを除き)、否認する被告人に対しては保釈を認めようとしないのです。