映画『約束 名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯』を観る-裁判と映画(1)

この事件が発生したのは、1961年3月、三重県名張市はずれの山村。村民懇親会でふるまわれた農薬入りぶどう酒で女性5人が死亡した『名張毒ぶどう酒』事件です。6日後に、ぶどう酒を会場まで運んだ奥西勝が逮捕され、三角関係を清算するため、参加者中の妻と愛人の毒殺を計画したと一旦は自供するが、その後一貫して否認に転じる。

1964年、津地裁は、捜査段階の自白は信用性に乏しいことを理由に無罪を宣告。しかし、1969年、控訴審の名古屋高裁は、これを破棄して奥西に死刑を言い渡し、1972年の最高裁判決で死刑判決が確定。

その後、奥西は、自力で4度の再審請求を試み、すべて棄却される。第5次再審請求からは鈴木泉(現弁護団長)らの弁護人が担当することになり、2002年の第7次請求までに27名となる。2005年、名古屋高裁(小出淳一裁判長)は、「新証拠にてらし自白には重大な疑問がある」として再審開始と死刑の執行停止を初めて決定。だが、検察官の異議を受けた同高裁(門野博裁判長)は、2006年、この決定を取り消す。2010年、最高裁は、弁護人からの特別抗告を容れて事件を差戻し、現在、同高裁で第7次請求が再審理中…。

私は、先月、渋谷のユーロ・スペースで、東海テレビ「司法シリーズ」の放送番組を劇場映画化した、「『約束』―名張毒ぶどう酒 死刑囚の生涯-」を観ました。同シリーズの映画としては、実在の安田好弘護士の弁護活動を描いたドキュメンタリー・『死刑弁護人』などがありますが、『約束』は、ドキュメンタリー的な手法による「再現ドラマ」です。

映画を見るまでは、『名張毒ぶどう酒』事件は、三角関係の清算を計った奥西の犯行であるという、漠然とした先入観を抱いていました。しかし、仲代達矢、樹木希林という超一流のキャスト(ナレーション・寺島しのぶ)によるこの映画は、観客の先入観を完全に吹き飛ばし、事件の闇の中に引きずりこみます。仲代は、執行の恐怖におののきながら絶望的な挑戦を繰り返している死刑囚の姿を淡々と「再現」して見せます。「もし、私が(冤罪で)獄中に半世紀も閉じ込められたら、どうなるか。それを演じました。」というその迫力は、奥西の母役の樹木の演技とともに、ただ驚嘆するばかり。

この映画には、現在のわが国の刑事司法がかかえる、さまざまな「負」の要素があますところなく描かれています(文中敬称略)。

愛人を殺してどうする…-裁判と映画(2)に続く