「著作権法」入門【第5回】

2 偶然の一致は権利侵害とならない。

(1) 特許権などの産業財産権は「絶対的権利」であるとされます。それは、発明者Aの発明について特許権が登録されると、その権利範囲内の他の発明者BCD…の発明を排斥して権利が保護され、他の発明者BCD…は、Aの発明との時間的前後や、Aの発明の特許権の存在を知っているか否かを問わず、発明の実施を禁止されるからです。

これに対し、著作権は「相対的権利」です。何故なら、著作者Aの著作物と著作者BCD…の著作物が客観的に見て同一であっても、著作者BCD…がAの著作物の存在を知りこれに依拠して―言いかえればAの著作物を模倣して―BCD…の著作物を作成したものでなければ、Aの著作物の権利はBBCD…の著作物に及ばないからです。この場合には、権利者を異にする同一内容の著作物が並存することになります。

(2) 訴訟では、原告Aの権利行使に対し、被告Bが「Aの著作物を知らなかった」「偶然の一致である」との主張を試みることがあります。この場合には、AはBの依拠の事実を証明しなければなりません。
しかし、Aの著作物とBの著作物との細部にわたる具体的表現が同一である(または著しく類似する)ときは、裁判所は「偶然の一致ではあり得ない」、すなわち依拠があったと判断するのが普通です。

しかし、 二つの著作物が、具体的表現においてではなく「アイデア」において同一または類似の場合には、かりにBがAの著作物の存在を知りこれにヒントを得てBの著作物を作成しても、Bの行為はAの著作権(複製権、翻案権)を侵害しません。前回述べたとおり、著作権の保護はアイデアに及ばないからです。

(3) アメリカ著作権法の権威のニンマー教授は、映画「ウェストサイド物語」とシェークスピアの戯曲「ロメオとジュリエット」(著作権の保護期間内と仮定)とを比較しながら、アイデアと表現の区別に関する「パターン・テスト」について説明しています。
①敵対的なグループに属する少年と少女がいる。
②二人はダンスで知り合う。
③二人は夜のバルコニー(非常口)で互いの愛を確かめ合う。
④少女には別の婚約者がいる。
⑤二人は結婚を誓う。
⑥敵対的グループが遭遇し、少女のいとこ(兄)が少年の無二の親友を殺す。
⑦そうなったのは、少年が暴力沙汰を避けようとして親友の手を押さえたからである。
⑧少年は仕返しに少女のいとこ(兄)を殺す。
⑨その結果、少年は逃げる(隠れる)。
⑩隠れ家にいる少年を少女に会わせるためのプランが送られる。
⑪その知らせは少年に届かない。
⑫少年は少女が死んだという誤った知らせを受け取る。
⑬悲しみのあまり、少年は自殺する(あえて殺される)。

ニンマー教授は、抽出した13要素をふまえ、この具体的なパターンが両作品に共通する以上、「ウェストサイド物語」と「ロメオとジュリエット」とは、アイデアの域にとどまらず、具体的表現において実質的に同一である(すなわち前者は後者の複製権または翻案権を侵害する。)と述べています(岡「マルチメディア時代の著作権の法廷」2000年 ぎょうせい p132)。
かりに、シェークスピアが「ウェストサイド物語」の脚本家等を著作権侵害で訴え、被告が「ロメオとジュリエット」を知らないと弁解しても、これほどの具体的表現の共通性があれば、裁判所は、「依拠」の事実を認めるでしょう。