「著作権法」入門【第3回】

「著作権法」入門第2回はこちら

4 著作権法と意匠法の比較

(1) 意匠とは
意匠法がデザイン保護法であることは前述のとおりです。意匠法が保護の対象とするデザイン=「意匠」とは、「物品の形状、模様若しくは色彩又はこれらの結合であって、視覚を通じて美感を起させるもの」(意2条1項)とされています。

著作権法は、基本的には文化法(文化の発展に寄与することを目的とする法律―著1条)であり、「思想又は感情を創作的に表現したものであって、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するもの」(著2条1項1号)としての著作物を保護するものであるのに対し、意匠法は、基本的には産業法(産業の発達に寄与することを目的とする法律―意1条)であり、工業的手段によって量産される物品(製品)に表現したデザイン形態を保護するものです。

(2) 登録の要否  
著作権は、創作行為によって何らの方式を要さず「自動的」に発生し、享受できる(著17条2項)のに対し、意匠権は、出願→審査→登録を経なければ権利自体が発生しません。意匠登録の要件は次のとおりです。

① 工業上利用できること

② 新規性があること

③ 創作が容易でないこと(創作非容易性=進歩性)

④ 先願に係る意匠の一部と同一または類似の意匠でないこと

(3) 権利の内容
著作権の内容は、著作権法に人格権・財産権として限定的に列挙されています。これに対し、意匠法には人格権に関する規定がなく、意匠権者は、 「経済産業省令で定める物品の区分」の範囲内で、業として登録意匠(類似する意匠を含む)の実施をする権利を専有します(意23条)。

(4) 権利の保護(存続)期間
著作権の保護は、創作者が自然人である場合、創作の時に始まり、死後50年を経過するまで存続します(著51)。 意匠権の保護期間は、設定登録日から最高20年間(意21)です。

次回から著作権法の具体的な内容に入ります。