自然災害と人的災害

1. フィリピンのレイテ島に襲来した台風30号は、今世紀の最大級の台風であった。アメリカのグアム島の観測所からは、一時、毎秒89メートル近い風速に達したという報道がなされた。台風30号は竜巻並の風速を持ち、また高潮を誘発し、レイテ島のタクロバンの町を一瞬の間に廃墟と化してしまった。2300名を超える死者と数千人の負傷者に対して、国際社会の救援行動が一斉に取られ始めている。フランス、ベルギー、日本赤十字社の医療の先遣隊や各国の救援隊が現地に向かっている。その中でも、アメリカは、空母ジョージ・ワシントンを始め、2隻の巡洋艦、2隻の駆逐艦、1隻の輸送艦を香港から現地に向かわせ、日本も陸上自衛隊を中心とする1000名が、大型護衛艦、輸送艦、補給艦と共に現地に向かうという報道がなされた。

2. フィリピンのレイテ島は、1944年10月20日から始まった日米の「レイテ島の戦い」の主戦場であり、レイテ島のタクロバンは、かつて、日本軍によりコレヒドールを追われたダクラスマッカーサー将軍が「I Shall Return」の言葉どおり、再上陸を果たした有名な場所でもある。当時、日本陸軍を中心とする総勢8万4000名に対して、アメリカ軍は約20万名の兵力を投入し、日本軍は7万9000名以上の死者を出して敗北した。その町に、69年後、日米の軍隊が人道援助のために来訪することは隔絶の感がある。

3. 台風や地震のような自然災害と戦争のような人的災害、いずれも人間社会に対する「災害」である。1993年に採択された「ウィーン宣言及び行動計画」の第1部、第23節には、自然災害と人的災害について述べ、国際連合憲章と国際人道法の原則に従って、被災者に人道支援を行うことの重要性を指摘している。日本は、先の大戦において、レイテ島で多くの日本軍の死傷者を出したが、現地の人々も数多く戦禍に倒れた歴史的事実を踏まえ、他の国に倍する人道援助を行うべきもの考える。