民主主義にとってすばらしいが…-「12人の怒れる男」(シドニー・ルメット監督 1957年)(5)

「12人の怒れる男」(シドニー・ルメット監督 1957年)(4)はこちら

 「12人の怒れる男」は、素人の健全な感覚(広津のいう「人間に対する理解力、洞察力」)によって専門家の虚偽を暴くという点で、映画「評決」と共通するものがあります。

「怒れる」陪審員の一人は、評議の過程で次のような心情を吐露。
「この陪審制度は、民主主義にとってすばらしいことだといつも思っている。
われわれは、まったく見知らぬ人が有罪か無罪かを決めるために、この場所に来るように郵便で呼び出された。われわれにとって、評決は何の得にも損にもならない。これが、われわれが強い(strong)理由の一つだ。」(映画字幕では、「この国が強い理由だ」とされています)。
最後に、陪審制度に対する「手放し」の礼賛に疑問を投げかける人がいることも紹介しておきます。
在米の日本人で、カリフォルニア州裁判所の書記官として働く女性は、
「…裁判所も市民も今後どれだけ負担が増えることになっても、アメリカの陪審制度は絶対に変わらないだろう。陪審裁判を受ける権利が言論の自由のような基本的権利と同列で『誰も疑問視しないもの』として広く受け入れられており、人々のどこかに『その権利を守るために自分が義務を果たさなくてはいけない』という考えがあるからだ。」
という「タテマエ」論を認めながらも、陪審法廷に立ち会ったこれまでの経験に即して、
「アメリカの陪審裁判と日本の裁判(員)制度、今はどちらにしても博打の要素が大きすぎると思う。だから私は、『法律のプロである裁判官1人』が判決を下す法廷裁判を選択する。」
と言い切り、陪審裁判に対するアメリカ人の「ホンネ」が次のようなものであることを、最後に披露しています(*2)。
Do you really want to be judged by someone who was not smart enough to get out of Jury duty?
 わが国における裁判員制度の導入が、「民主主義にとってすばらしい」ことは事実ですが、その功罪を正確に評価するためには、しばらくの年月を要するものと思われます。
(*2) 伊万里穂子「私ならぜったいに選ばない陪審裁判」―田口理穂ほか「『お手本の国』のうそ」・新潮新書)。

終わり