映画と法【第4回】映画に描かれた中国の裁判(5)

映画に描かれた中国の裁判(4)はこちら

2009年に製作されたこの映画は、その時点の中国社会の「ひずみ」を余すところなく描きだしています。 まず、裁判に恨みを持つ者が、裁判官の家族をひき逃げしたと見られても、捜査は行われず、泣き寝入りせざるを得ないという現実。ティエンは、無力の小役人にすぎず、「法」を曲げようとしないのも、裁判官として生き延びるための保身術に他なりません。映画が映し出す裁判官の住まいや日々の食事の、なんと貧しいこと…。

死刑囚チウやその家族の極貧は、筆舌に尽くし難く、貧困が、有能な弁護人を付けられず、被害弁償もできない原因となっています。法廷でも拘置所でも、チウは、ほとんど喋らず、自己弁護を試みない。しかし、刑場で、足枷をはめられ後ろ手に縛られて銃口の前に跪くチウの姿は、無権利のままに放置され、反抗の術もない中国の民衆を象徴しています。

これに対し、地元の有力者のリー社長は、愛人と豪邸に住み、ベンツを乗り回し、悪徳弁護士を雇うことができます。愛人との「ベッドシーン」があり、「早く腎臓を取り換えて、もっと激しく…」という睦言も聞こえます。臓器売買が法律で禁止されているのはタテマエに過ぎず、裁判所は、有力者の移植計画を知りながら、これを黙認する…。 ティエンは、生きる望みを失いかけている妻のために、ペットの捕獲に椅子を振り上げて抵抗。これは、おそらくは権力の横暴に対するティエンの初めての反抗であり、保身に凝り固まった小役人の変身の兆しです。ティエンが、査問の席で、小役人の仮面を脱ぎすて、失職を恐れずに確信に満ちた答弁を行うことができたのは、人間として守るべきものが何かを知ったからです。 リウ・ジェ監督制作のこの映画は、中国社会の絶望的な現実を淡々と描写しながら、中国の人々に、限りない希望を与える作品と言えるでしょう。

終わり