京都庭園探訪記

1.8月16日(土)の京都、五山の送り火は前日・当日の大雨にもかかわらず、時間を順延して開催された。8月17日(日)から3泊4日の日程で京都市内に散在する名園を巡った。

目的は絵の題材の収集である。大雨の翌日から、一転して天候が回復し、連日35度ないし36度の酷暑の中を歩き回ることになった。

2.初日の訪問先は、西本願寺と渉成園である。

西本願寺は庭園鑑賞が目的ではない。御影堂と本堂に相対して2本の大銀杏が対になっている。御影堂の回廊に続く緣側のような廊下は2間の広さがある。この廊下に座して、大銀杏を眺めながら暫時休憩するのが毎回楽しい。外気温が36度でも、涼しい風が通り過ぎて大変に心地よく、昼寝に最も適した場所と言ったら親鸞聖人の罰があたりそうである。

西本願寺から渉成園に徒歩で向かう。距離は2キロもないと思うが、酷暑の中の移動はやや辛い。大きなつばのある帽子に濡らしタオルを御簾のようにぶら下げる工夫をしたが、戦時中の南方戦線の日本兵のような格好になってしまった(笑)。

渉成園の庭園では、園立堂、偶仙楼、傍花閣を経て、印月池に臨むことになるが、ここでは回棹廊から侵雪橋を越えて京都タワーを見渡すことができる。印月池に源氏物語の主人公である光源氏のモデルとなったとも言われる源融のゆかりの塔(九重の石塔)がある。

京都駅に戻りタクシーにて今夜の宿泊先の「ギオン福住」に向かった。この宿の風呂は、東山側に向いており、朝日の昇る中の朝風呂は気持ちが良い。

3.二日目の訪問先は、桂離宮、天龍寺、神泉苑である。

河原町駅から阪急京都線で5つめの駅が桂である。桂離宮への参観は、予め京都御所の宮内庁の許可が必要となっている。インターネットで申込みをする。繁忙期は抽選になるようであるが、夏期は比較的予約が取れやすい。桂駅からタクシーで2メーターの距離にある。

午前9時から午後3時30分まで1時間の参観が計6回行われる。私の参観時間は午前11時であった。人数は約20名で、うち、外国人が8人くらい混じっていた。会話からフランス人が3名、ドイツ人が2名おり後は英語圏内の白人であった。先頭にガイドがつき、参観の後列に皇宮警察官が付くというあんばいで、庭園の各所でガイドが丁寧な説明を行う。

桂離宮の写真はあまた存在するが、賞花亭の手前から、左に古書院、右に月波楼を置いて池を臨む構図が美しい。「京都のお庭」(JTBパブリシング)でもここの構図が採用されている。

桂離宮の美しさは、ブルーノ・タウトが賞賛したことで良く知られている。確かに、建物、池、植栽の配置がすべて計算されているかのような庭であるが、私はやや堅苦しいという雰囲気を感じた。

1時間の参観の後、タクシーで桂に戻り、阪急嵐山線に乗車して、嵐山駅に向かう。嵐山駅を下車し、嵐山公園を抜け、桂川が流れる渡月橋を渡る。嵐山界隈は日本人、中国系観光客がゾロゾロと歩き、土産物屋が所狭しと並んでいる。やはり、嵐山は京都観光の定番なのである。人数の多さに閉口しながら、天龍寺に向かった。

天龍寺の「曹源池庭園」は、夢想疎石の作庭とされている。「池泉回遊式庭園」の代表的な例である。この庭を臨む大方丈と書院の縁側には観光客が鈴なりに座っていた。この池が広がりを持つのは、嵐山・亀山を借景としていることが大きい。池の奥に「龍門瀑」という滝石組が置かれ、池のアクセントになっている。

人混みの中を京福嵐山本線の嵐山駅に向かった。この京福嵐山線の車両は1両のワンマンカーで、車両の後部から乗車し、前部で精算をして下車をする。四条大宮で下車。一路、二条城の近くの神泉苑に向かう。

四条大宮駅から約700メートル位の距離にある神泉苑は、昔の皇族の庭園であるが、紅いアーチ式の法成橋をわたり、善女竜王社にお参りすると念願が叶うと言われている。池に遊ぶ「アーちゃん」という愛称のアヒルがいるようであるが、日中の酷暑の故かその姿をみることができなかった。

4.三日目は、知恩院、青蓮院門跡、無鄰菴、南禅寺、圓徳院・北書院北庭と盛りだくさんのコースである。

知恩院はいうまでもなく、法然上人の浄土宗の総本山である。とにかく広い。国宝の三門を通り、坂道を進み勢至堂に至る。徳川家康は、浄土宗徒で知恩院の寺地を拡大し、2代将軍・秀忠もこれを引き継いだ。

知恩院から北に進むと青蓮院門跡がある。この寺は天台宗の寺であり、青不動があることでも有名である。庭は比較的こじんまりとしている。小御所から相阿弥の庭の「龍心池」を臨む。本堂には青不動が在所する。入り口に布が下げられていたが、布の隙間から青不動を見ることが出来た。この寺の鐘楼には自由にお突き下さいとの看板がかけられていた。鐘楼を突くと柔らかく響きのある音がした。

無鄰菴は、山形有朋の別邸である。この庭は奥行きがあり、奥の高い勾配から水が低地に緩やかに流れて母屋に向かう配置となっている。配置された木々もごく自然なもので、神社仏閣の庭とは全く趣が異なる。母屋の縁側にて木々からこぼれ落ちる光線をみると印象派が描く庭園のように見える。

南禅寺も敷地が広い。重要文化財の三門は、石川五右衛門の「絶景かな、絶景かな・・」の名科白で有名である。南禅寺の水路閣を見た後、金池院へ赴く。徳川家康を称えるために小堀遠州が作庭した「枯山水」の庭である。庭はそれ程広くはないももの、白砂に東山の借景が映える。圓徳院・北書院北庭は、秀吉の正室の「ねね」がまつられている高台寺の隣に位置する庭園である。北書院の方向から、左右に鶴・亀島を置き、中心奥地に三尊石組を配置する。極めて豪快で安土・桃山時代の雰囲気が感じられる庭であった。

5.連日、気温36度の中を歩き通したが、改めて、日本庭園の奥深さを知る旅であった。

ブリジストン美術館と小諸蕎麦

1.入館切符を求めて並んだり、むせかえる雑踏の中で絵を鑑賞するのは誰でもイヤである。
お盆は人の出も少なく、この意味で、絵画の鑑賞としては良い時期である。

外気の気温が35度近くになった8月15日午後0時に中央区京橋1丁目にある「ブリジストン美術館」を訪れた。

8月2日から9月23日まで、「絵画の時間」と題して、彫刻、絵画167点が展示されている。案の定、来場者はそれ程多くなく、1階の受付をすませ、エレベーターで2階の展示室に降り立った。

2.展示室は西洋関係の彫刻・絵画で10室、日本の洋画、1室で構成されている。エジプト、ギリシア、ローマの彫刻や文物もさることながら、やはり、近代絵画の展示がメインである。

最初にレンブラントの3作品がある。レンブラント自身の肖像絵とキリストにまつわる2作品があるが、F3よりも小さいサイズに暗い色調で描かれた人物に前近代的な雰囲気が漂う。アングルやクールベの作品は、写実を基本とした古典的な様式の作品である。

前印象派の中でも、カミーユ・コローの作品は森の小道と農家を描いたものであるが、木々の描写が写実的であると同時に色彩が極めて巧みであった。カミーユ・ピサロになると木々はやや多色的になり、印象派の到来を予感させる。マネの2作品をみたが、筆裁きにエッジをきかせている感じを抱いた。

アルフレッド・シスレーは3作品がある。アルべール・マルケと並んで私の好きな風景画家である。

ルノアールは5作品があり、少女を描いた大作の「座るジョルジェット・シャルパンティエ嬢」が秀逸である。ルノアールの描く人物の顔の輪郭がいつも曖昧なのはこの作品に限らない。女性の柔らかいタッチを重視してのことと思われ、この絵も鑑賞する距離をかなり離してみると生き生きとした全体の表情が浮かび上がる。

3. 次は、同じ巨匠のポール・セザンヌの3作品がある。中でも「サント=ヴィクトワール山とシャトー・ノワール」は迫力がある。前景にぼかした赤松と斜めに取った構図の中央に、中景としてサント=ヴィクトワール山がどんと控えている。この絵も距離を置いて眺めることが必要である。

クロード・モネは5作品が展示されている。やはりこの人の作品は「睡蓮」である。療養のため妻と滞在したヴェネツィアを描いた「黄昏・ヴェネツィア」は、寒色系から暖色系までのすべての色が階調をもって現されていることに驚く。

ゴーガンは2作品、ゴッホは1作品「モンマモトルの風車」が展示されている。ゴッホが描いたように、モンマルトルは都市郊外の田舎で描かれたような風車があり、のどかな雰囲気があったが、パリの都市化が進むにつれ、キャバレーや酒場などが相次いで作られた。

アンリ・マティスも6作品がある。

アルベール・マルケは2作品があり、そのうち「道行く人・ラ・フレット」は私が好きな作品である。本物を直に鑑賞することが出来て大変に嬉しい。モーリス・ブラマンク「運河船」は赤、白、青の原色をそのままにブラマンクらしい絵である。エドヴァルト・ムンクの「病める少女」も病める少女の左傍らに顔を手で覆った女性は母親であろうか?

フェリックス・ヴァロットンも2作品がある。ジョルジュ・ルオーの「郊外のキリスト」「ピエロ」も強烈な印象を与える。あの黒色系は、何を現すものなのか、不安というより静かな祈りに近く、絵を通して祈っていると思える。アンリ・ルソーは2作品がある。ルソーは遠景も近景も細密画のように描く。配置も形も独特でありながら、奇妙なファンタジーを感じさせてくれる数少ない画家である。

ラウル・デュフィは2作品があるがやはり音楽的で色遣いも軽快である。「オーケストラ」は秀逸である。

パプロ・ピカソは7点ある。やはりこの画家はゴッホと同じく尋常ではない画家である。人物画もよかったが、「画家とモデル」と「ブルゴーニュのマール瓶、グラス、新聞紙」が断トツの出来と思える。ジョルジョ・デ・キリコは1作品しかなく寂しい感じがした。モーリス・ユトリロは2作品。彼らしいパリの町並みや川岸の風景絵である。

藤田嗣治は3作品がある。「猫のいる静物」をみるとこの人の線の弾き方に驚嘆する。猫、燕、静物として並べられた魚、蟹、人参、玉葱だけではなく、テーブル廻りの木材、これは木目が美しく、まるで本物の木目のように描かれているのである。このような線の弾き方は藤田の十八番であったものであるが、どのようにして体得したのであろうか。

続いて、佐伯祐三の「ガラージュ」という作品がある。佐伯の作品も私の好みである。ブラマンクではなく、ポール・セザンヌに師事していれば夭折せずに、後日、藤田と並ぶ大家となったと思うと残念である。抽象画のワシリー・カナディンスキーやパウル・クレーの作品も1作品ずつ展示されている。

4.日本画家の展示室には、浅井忠の2作品、藤島武二の2作品(「黒扇」が良い)、小出樽重が2作品、安井會太郎が3作品、岸田劉生は3作品があり、「麗子座像」は強い印象を与える。古賀春江の3作品(初期の「遊園地」が良い)、梅原龍三郎の1作品、岡鹿之助、関根正二はそれぞれ1作品がある。

5.ブリジストン美術館の帰りに京橋3丁目の立ち食い蕎麦「小諸蕎麦」に立ち寄った。私が弁護士1年目で京橋に通い始めたときに出来た「小諸蕎麦」の1号店である。まだ、健在で味も昔と変わらずに値段も安いことに驚いた。良いものは長く残って欲しいと思いながら、銀座1丁目の駅に向かった。