遠い過去と近い過去

1. 若いときと異なり、新聞の記事について、読む順番が少し変わってきた。天気予報は最初で定番の位置にあるが、訃報記事がずいぶんと前に来たように思える。高齢者が亡くなるのは自然の摂理であるものの、亡くなるには早い世代の方の訃報に接すると何とも言いようのない重苦しさを感じる。筆者のまわりでもこの数年間に30代から60代の同業者・知人が相次いで逝去したが、これらの死に対してはただ無念としか言うほかない。

2. 最近読んだ本で、「そして最後にヒトが残った」(副題:ネアンデルタール人と私たちの50万年史)白陽社と「中華人民共和国史15講」(王丹著・ちくま文庫)が印象に残る。

前者は、約3万年前まで我々の先祖のホモ・サピエンスと共存していたネアンデルタール人の足跡を多様な面から論ずるものである。ネアンデルタール人に限らず、ホモ・サピエンスに先行する複数の人類グループが世界各地に拡散していたが、「適切な時に適切な場所にいること」ができなくなり、結局、滅亡の途をたどった。ホモ・サピエンスが生き残ったのは「わずかの能力と運のおかげ」に過ぎない。数百万年という時間をかけた人類の生態系に対して、過去1万年の間、現生人類が成し遂げてきた技術的・文化的偉業がミスマッチになりつつあるという警告は、遠い過去からのメッセージとして受け止める必要があるだろう。

後者は、1989年6月の天安門事件のリーダーとして、当局に「反革命扇動宣伝罪」や「陰謀政府転覆罪」に問われ、アメリカに亡命した学者が2010年に台湾の国立清華大学で行った中華人民共和国史に関する講義を紹介するものである。筆者も中国に関する断片的な知識はあるものの、1949年の建国以来の現代史を読んだのははじめてであり、その歴史にかかわった生身の人間の行動を、多くの文献から光をあてた本書は近年まれに見る好著である。このような近い過去でも、数多くのことを封印してしまう、かの国の体制はいつまで延命をするのか、見届けたいと思うのは私だけではないと考える。

3.アストラ・ピアソルの作曲にかかる「OBLIVION」(邦訳の造語:忘却)という曲がある。忘却というより追憶という邦題の方が似合う曲である。ピアノとバイォリンの組み合わせも良いが、できればヨーヨーマのチェロで聞きたいものである。この曲を遠い過去・近い過去に去っていった諸々の人々及び亡くなった私の知人らへの追憶として、ここに捧げたいと思います。

面会交流をサポートするウェブサービス

The our familiy wizard は,アメリカ発の別居/離婚した夫婦間における子どもの監護と面会交流をサポートするウェブサービスです。面会交流の日程調整,元夫婦間の伝言機能,支出管理,子どもの写真などのファイル保存・交換などの機能があります。

このサービスが成り立つ背景には,面会交流の実施によって元夫婦・子どもに強い心理的負担が生じる点があります。

面会交流( visitation )とは,父母が別居/離婚した場合に,子どもと同居していない父又は母と子との面会及びその他の交流のことを言います(離婚について民法766条)。子どもと同居している父又は母から見れば,子どもを元夫・妻と会わせる訳ですから,そこには感情的な葛藤が入ります。特に,協議離婚できず調停・裁判離婚になった事案ではこじれにこじれており,顔も見たくない・関わり合いになりたくないといった関係になっていることがよくあります。

こうした事案で面会交流を実現しようとすると,お互いに不愉快な思いをしながら我慢して行うか,第三者に面会交流の一部又は全部を委託するしかありません。

面会交流の実施について,どの段階まで第三者が関わるかは,面会交流の回数と元夫婦間の心理的葛藤の強弱次第です。関与する第三者としては,弁護士,親族,友人知人がほとんどですが,面会交流仲介サービスを有料で行っているNPO法人もあります。仲介サービスの内容は次の3種類です。

1 面会交流の日程調整
2 子どもの受渡し
3 面会交流の付添

あるNPO法人の料金設定では,1が5000円以上,2が1万0000円以上,3が1万5000円以上であり,フルコースで依頼すると1回3万0000円以上となりますが,元夫婦間の感情的対立に巻き込まれるリスクを考慮するとそれ程高くはないという印象を持ちました。弁護士に依頼しても同水準の報酬になるのではないかと思います。

The our familiy wizardに話を戻すと,このサービスは面会交流仲介サービスの第1段階を担うものです。ニーズの存在は以上に述べたとおりですが,WEBサービスであることのセールスポイントは,人間が介在しないことと価格です。面会交流は家庭内の行為なので,できれば他人を入れたくないという気持ちは当然です。価格は一人年間99ドルなので,元夫婦で198ドル必要になりますが,先の料金体系と比較すれば割安と考えられます。

私も面会交流の日程調整サービスがないかと探してこのサービスにたどり着いたのですが,残念ながら日本語には対応していませんでした。日本でも十分受け入れられるサービスだと思いますが,日本では面会交流仲介サービスが大々的に行われているわけではないので,サービスの価格が根付いていません。そのため,The our familiy wizardの料金設定は割高に感じるのではないでしょうか。

離婚コーディネートサービスのニーズはあるか?

Wevorceは,アメリカ発の離婚コーディネートサービスです。夫婦がWevorceに離婚のコーディネートを申し込むと,Divorce Architecs( テッククランチでは「離婚設計士」と仮訳されていますが,離婚コーディネータという訳はどうでしょうか。)が二人の間に立ち,財産分与,養育費,親権等について話合いを仲介します。少しひねりがあるのは話合いの過程をWevorceのソフトウェアがガイドする点で,これが売り物のようです。 サービスの主眼は離婚費用のコスト削減です。アメリカでは,夫婦双方に弁護士が付いた場合,離婚費用が高額になるのに対し(テッククランチの記事では3万ドル),Wevorceでは1万ドルと安く上がる点にニーズがあるようです。

日本の弁護士である私から見ると,Wevorceのサービスは,裁判所の離婚調停そっくりに思えます。裁判所の離婚調停では調停のコーディネーターである調停委員男女2名が夫婦の間に入り,二人の意見を調整して行くという過程は,Wevorceのサービスとほとんど同じです。離婚調停では裁判官が調停の方向性をコントロールしているので,ソフトウェアによるガイドというひねりも目新しく感じません。 ここで日本の離婚制度を紹介します。離婚には,協議離婚と裁判離婚があります。協議離婚は夫婦が離婚で合意して離婚届を市町村に届ける方式,裁判離婚はその名のとおり裁判所で行う離婚のことです。 日本の離婚は,9割が協議離婚で,裁判離婚は1割程度です。協議離婚に弁護士が関与することは少なく,また,裁判離婚の中でも離婚調停には弁護士が付かないことが多いです。このブログの記事によれば,弁護士の関与率は離婚調停の4分の1,夫婦の一方だけに付くことを考えると1割強と推定され,全離婚事件における弁護士の関与率は1%とのこと。

弁護士を選任しない限り,協議離婚に費用は掛かりませんし,離婚調停の費用も多くて数万円です。弁護士関与率1%の日本と,多くのケースで双方に弁護士が付くアメリカとでは離婚に掛かる費用が違いすぎて,Wevorceのニーズを感じられません。

ニーズがあるとすれば,離婚調停では時間が掛かり過ぎる点と調停委員の質が一定ではない点でしょうか。ただ,夫婦の感情を冷ます意味で,時間が掛かることにも長所はあり,離婚コーディネーターの質も担保されるのか分からず,この点のニーズも大きくないように思います。

隣の芝生は青い? という名の離婚支援アプリ

“The Grass is Greener.”とは,1960年代のアメリカのコメディドラマです。直訳すると隣の芝生は青い,他人の物はよく見えるという意味で,物語は,自分たちのお城を観光客に案内して暮らしている夫婦の元に,石油王が訪れて,恋の三角関係に陥る…。よくありそうなプロットですが,この名を冠したスマートフォンアプリがリリースされているのを見付けました。

http://blog.larrybodine.com/2013/12/articles/tech/law-firms-new-app-helps-you-decide-about-divorce/

このアプリは,離婚を考えている人の決断を支援するサービスです。アプリはたくさんの質問をします。あなたが,その質問にはい又はいいえで答えると,離婚した方がいいとか悪いとか,どういう点に気を付けて生活すればいいか,を教えてくれます。

これをリリースしたのは,アメリカ合衆国のミネソタ州にあるGreen Law Office。家族法を専門とする法律事務所で,彼らは宣伝の一環としてこのアプリを作ったそうです。

質問の数は結構多く,答えるのに私はちょっと疲れました。もちろん,今のところ,私は離婚も考えていないですしね。