「自然災害と人的災害」(小林弁護士)を読んで

小林克典「自然災害と人的災害」はこちら

9年前、フィリッピン・セブ島から、最貧の島、サマールのカルバイヨグ市に渡り、数日のback-packingを経て、300キロ離れたレイテ島東北端の州都タクロバン市まで、おんぼろ乗り合いバスで移動したことがあります。タクロバンの海辺のマッカーサー記念公園には、小林弁護士の文中にある”I shall return!”を実現した、金色に輝くマッカーサー軍団の銅像が立ち並んでいました。
 翌日、乗り合いバスで、タクロバンから島北西部のオルモック市に向かったのですが、私にとって、タクロバン、オルモックは、大岡昇平の「レイテ戦記」で、すでにお馴染みの地名でした。日本軍の飛行場や司令部があったタクロバンは奪還され、全島の日本兵たちが、集結地の港町オルモックを目指し山中をバラバラに敗走。正規の戦闘以外に、飢餓やマラリアなどにより、派遣された兵8万4千人のうち、実に7万9千人が死亡し、帰還兵は大岡氏を含めてわずかに2千5百人でした(中公文庫「レイテ戦記」・下・p276)。 私は、オルモックに向かうバスの中で、窓に入る風に乗った敗走日本兵のうめき声を聞く思いでした。

戦後70年。日本は復興して経済大国となったのに、今回の最大の被災地レイテ島もサマール島も、日本人の想像を絶するほど、極端に貧しい島のままです。
朝日新聞の11月17日朝刊1面に「何もかも失った」という見出しでサマール島の写真と関連記事が掲載されています。しかし、「東日本大震災」の被害地の写真(私はその年の8月に気仙沼などを訪問した)とは、明らかに違っている。
道路や路地や 流された家の土台などが写っていません。 がれき(鉄骨、セメントトやモルタルの破片、自家用車の残骸ETC.)の山がありません。 垂れ下がった電線、折れた電柱、露出した水道管などもありません。
この写真は、間違いなく、海辺を占拠する住民が千人規模で暮らすスラムの跡なのです。 同じ場所に立ったことはありませんが、9年前の現地旅行の経験から確言できます。
密集していたはずの「家」は、道路のない湿地に立てた棒に廃材などを組み合わせた、土台のない、文字通りの「ほったてごや」です。電気もガスも水道も届いていない。下水道はなく、排泄物は下に垂れ流して、ブタや魚のエサに。交通手段はせいぜい自転車。道路まで出て10円も出せば、乗り合いのオートリキシャが利用できます。湿地を高潮や津波から守る堤防などあるはずがありません。そうすると、「何もかも失った」という見出しは、現地を知る者にとって、いささか違和感があります。

惨状に接した取材記者は、「何もかも失った」という感傷にひたる前に、少なくとも高潮前の現地がどのような風景だったかを冷静に確認すべきです。そうすれば、自然災害が、失うものすら持たず、1日数十円で暮らす最貧の人々から、最後の、かけがえのないものを奪ったことを理解したはずです。
私たちの援助が「原状回復」にとどまるかぎり、日本は、小林弁護士のいう「人的災害」を与えた加害者としての責任を果たしたことにはならないように思われるのです。