最高裁令和2年7月21日第三小法廷判決についての雑感

先日、最高裁判所が、ツイッターのリツイートによる著作権侵害に関して、新しい判断を下し、注目を集めました(最判令和2年7月21日)。その判例について、事案の紹介と私の感想を述べたいと思います。

1 事案の概要と判決の内容

事案を簡単に説明すると、被上告人である写真家が撮影した写真(この写真には、©マークと自分の氏名をアルファベット表記した文字が付されています。)を、ある人物(アカウント)が無断でツイッターに投稿し、それを見た別の人物(アカウント)がそれをリツイートしたところ、そのリツイート記事に表示された写真(画像)の上部と下部が切除され、著作者名の文字がカットされてしまったというものです。そのリツイート行為が、被上告人の氏名表示権を侵害したとして、リツイートした人物の発信者情報(IPアドレスやタイムスタンプ)の開示を求めたのが本件になります。

今回、上告人であるツイッター社は、氏名表示権侵害について、次のような主張をしました。①リツイートした者は、著作物を利用していないから、著作権法19条1項の「著作物の公衆への提供若しくは提示」をしていない。②リツイート記事の写真画像をクリックすると、切除されていない元の画像を見ることができるから、「すでに著作者が表示しているところに従って著作者名を表示」(著作権法19条2項)しているといえる。

これについて、最高裁は、①について、「著作物の公衆への提供若しくは提示」は、著作物の利用によることを要しないとし、リツイートした者が、リツイートした者のタイムラインを閲覧するユーザー端末の画面上に氏名表示部分が切除された画像を表示したことをもって、「著作物の公衆への提供若しくは提示」したと認定しました。

また、②については、切除された写真をクリックしない限り、元の切除されていない写真の氏名表示を目にすることは無く、通常それをクリックするような事情もないから、リツイートした者が著作者名を表示したことにはならないと判断しました。

もう一つ、プロバイダ責任制限法4条1項についての上告人の主張もありましたが、その主張も退けて、上告を棄却しました。

2 補足意見と反対意見

これについて戸倉裁判官は、次のような補足意見を述べています。①多数意見によれば、リツイートをする際に、画像の出所や著作者名の表示、著作者の同意の有無の確認をする負担や、権利侵害のリスクを負ってしまうが、それは現行著作権法下で著作者の権利を侵害しないために必要とされる配慮に当然に伴う負担である。②元の画像に著作者名の表示があり、これをリツイートして著作者名がトリミング(切除)される場合、「リツイート者のタイムラインを閲覧するユーザーがリツイート記事中の表示画像を通常クリック等するといえるような事情がある場合には、これをクリック等して元の画像を見ることができることをもって著作者名の表示があったとみる余地がある。」などの理由から、リツイートする者の負担が過度に重くなるとはいえない。③ツイッターが社会的に重要なインフラになっていることに鑑み、ツイッター社自身において、ツイッター利用者に対する周知等の適切な対応を取ることが期待される。

また、林裁判官は、次のような反対意見を述べました。本件において、画像が改変され、それによって氏名表示がされなかったことは、ツイッターの仕様によるものであり、リツイートした者にはその表示の仕方を変更する余地はなかった。また、著作者の許可を得ず無断でアップロードしたのは、元ツイートをした者である。それらの事情を総合的に考慮すると、リツイートした者は、著作者人格権侵害をした主体であるとは評価することはできない。

3 感想

(1)著作権法を文言通り解釈すれば、多数意見のような結論になると思いますが、ツイッター自体を非常に使いづらくしてしまう判断であり、画像をリツイートする場合には、画像の氏名表示や許諾の有無などを一々確認しなければならないという点で、ユーザーの通常の感覚からは乖離しているように思います。しかも、氏名表示権侵害も親告罪とはいえ、刑事罰があるため、ユーザーの萎縮効果も懸念されます。

(2)補足意見では、そのような負担について、仕方ないという、開き直ったような評価がされています。今回の事案については、「リツイート者のタイムラインを閲覧するユーザーがリツイート記事中の表示画像を通常クリック等するといえるような事情がある場合には、これをクリック等して元の画像を見ることができることをもって著作者名の表示があったとみる余地がある。」とありますが、「通常クリックする等と言えるような事情」はおそらくないと思います。画像をクリックする人は、タイムラインに流れてくるリツイートを面白いと思った人だけです。もし「画像をクリックしなければ氏名表示権侵害になるのでこのリツイートを見た人は必ずクリックしてください」みたいな表記があったら、閲覧者はその人のフォローを外してしまうだろうと思います。みなに見られたくてツイートやリツイートをするのに、敢えてフォローを外されるような行為をするのでしょうか。

(3)反対意見は、氏名表示がされなかったことについて、ツイッターの仕様なのだから、リツイートした人が著作者人格権をした主体とは評価しないという柔軟な考え方をしており、ユーザーの利用実態にも配慮していて、非常に共感できます。

(4)最高裁昭和63年3月15日第三小法廷判決、いわゆる、クラブキャッツアイ事件で、最高裁の多数意見は、スナックの客がカラオケテープを再生させて歌唱する行為について、音楽著作物の利用主体をスナック経営者と認定しました(カラオケ法理)。また、最高裁平成23年1月20日第一小法廷判決、いわゆるロクラクⅡ事件で、最高裁の多数意見は、テレビ番組の転送サービスを提供する行為について(実際に複製の指示をするのは、サービス利用者)、サービス提供者を複製の主体であると認定しました。本件は、これらの判例の射程外ではありますが、他方で、これまで侵害主体について、規範的に判断してきたのですから、本件でも、反対意見のような事情を考慮したうえで、氏名表示権の侵害主体をツイッター社とする余地は可能であったように思います。

以上

国語テストのライブ解説に関する著作権問題

 近年、インターネットを利用した学習環境が当然のものとなってきており、様々なサービスが提供されています。今回は、有名学習塾(以下「X」といいます。)のテストの問題を、他社の学習塾(以下「Y」といいます。)が、ライブ映像をウェブ上に流して解説するというサービスを提供したことから訴訟となった事案を取り上げます。第1審は東京地方裁判所令和元年5月15日判決(以下「原審」といいます。)、控訴審は知財高等裁判所令和元年11月25日判決(以下「控訴審」といいます。)となります。

 事案の概要ですが、Xが作成した国語の試験について、テスト終了後に、Yの担当者がインターネット上のライブ動画において、口頭でその解説を行いました。その際、X社作成の問題文及び解説が画面上に表示されることはありませんでした。また、原審の認定によれば、X社作成の解説とY社の解説を対比しても表現が共通する部分はほとんどないという事情があります。

 著作権侵害が認められるためには、まず、権利者が著作権を有していることを主張しなければなりません。例えば、権利者が自ら書いた絵画であれば、容易にその絵に関する著作権を有しているといえます。ただし、今回のXが主張しているのは、Xが作成した国語の問題や解説の著作権なので、そもそもそのようなものが著作物なのか、という点が争われました。また、それらが著作物であるとしても、Yがそれを複製又は翻案したのかという点が争われました。

 結論としては、原審、控訴審共に、Xの請求を棄却しました。Yによる著作権侵害を認めなかったということになります。その理由を紹介します。

 まず、X作成の国語の問題については、編集著作物にあたると認定しました。その理由は、「国語の問題を作成する場合において、数多くの作品のうちから問題の題材となる文章を選択した上で、当該文章から設問を作成するに当たっては、題材とされる文章のいずれの部分を取り上げ、どのような内容の設問として構成し、その設問をどのような順序で配置するかについては、作問者が、問題作成に関する原告の基本方針、最新の入試動向等に基づき、様々な選択肢の中から取捨選択し得るものであり、そこには作問者の個性や思想が発揮されているということができる。」ということです。

 次に、問題の解説については、言語の著作物に該当すると認定しました。その理由は「本件問題の各設問について、問題の出題意図、正解を導き出すための留意点等について説明するものであり、各設問について、一定程度の分量の記載がされているところ、その記載内容は、各設問の解説としての性質上、表現の独自性は一定程度制約されるものの、同一の設問に対して、受験者に理解しやすいように上記の諸点を説明するための表現方法や説明の流れ等は様々であり、本件解説についても、受験者に理解しやすいように表現や説明の流れが工夫されるなどしており、そこには作成者の個性等が発揮されているということができる。」ということです。

 しかし、控訴審において、Yは、ライブ映像の中で問題や解説を全く表示しておらず、問題の原本のコピーもしていないと認定されたため、複製には当たらないとされました。

 また、翻案については、控訴審は、最判平成13年6月28日を指摘したうえで、「著作物の翻案とは、既存の著作物に依拠し、かつ、その表現上の本質的な特徴の同一性を維持しつつ、具体的表現に修正、増減、変更等を加えて、新たに思想又は感情を表現することにより、これに接する者が既存の著作物の表現上の本質的な特徴を直接感得することのできる別の著作物を創作する行為であるとしている。そして、翻案の意義は、本件問題のような編集著作物についても同様であると解されるから、編集著作物の翻案が行われたといえるためには、素材の選択又は配列に含まれた既存の編集著作物の本質的特徴を直接感得することができるような別の著作物が創作されたといえる必要があるものと考えられる。」という規範(判断基準)を定めました。

 そして、Yのライブ解説は、「問いかけられた問題に対する回答者の思考過程や思想内容を表現する言語の著作物であって、このような思考過程や思想内容の表現にその本質的特徴が現れている」として、編集著作物であるX作成の問題とは本質的特徴が異なると判断されました。さらに、Yのライブ解説とX作成の解説については、個々の文言にほとんど共通性がないことから、本質的特徴を同一にしていないと判断されました。また、X作成の問題に対する解説であることに由来する類似性・同一性があるとの指摘については、そのことを認めつつも、やはり、表現が異なるから、本質的特徴を同一にするとは認められないと判断しました。

 本件は、国語のテスト問題という、他人の著作物(小説等)から文章を適宜抜粋して設問を作成したものについて、編集著作物であるとした点が注目されます。また、同じ問題を解説する場合であっても、具体的な表現が違えば、翻案にはならないという点も重要だと思います。国語の問題は、文章による回答が多く、意味としては同一であるけれども、同一の表現にならないことがあり得ます。そして、そのような具体的な表現が違う場合には、本質的特徴を同一とは言えないと判断されることになります。